介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅の違い

バナー

介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅の違い

介護付有料老人ホームに似た施設に、サービス付き高齢者住宅があります。

どちらの施設も歳をとって、毎日の生活が不自由になったお年寄りが入居できます。


ただし、サービス付き高齢者住宅は住むことに重点が置かれています。

原則として、そこで自力で生活できる人が入居できます。


認知症のあるお年寄りなどは入居できない場合が多いです。

介護付有料老人ホームの場合は、介護に重点が置かれています。

病気になったり、認知症を発症したら必ずケアを受けられます。



最近はサービス付き高齢者住宅でも、ケアを受けられるところが出てきました。

また認知症の方でも受け入れる施設もあります。


しかし、介護に重点が置かれているわけではありません。


認知症になったら、出ていかなければならない施設もあります。

いざという時のことを考えたら、介護付有料老人ホームに入っていた方が安心です。

基本も充実したマイナビニュースについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

ホームに入るときは病気になっていなくても、入ってから病気になることもあります。

軽い病気だったら、サービス付き高齢者住宅でも対応できますが、深刻な病気になった時は対応できないことが多いです。



しかし介護付有料老人ホームは初期費用や月の利用料が高いと言うデメリットがあります。


初期費用が200万円を超える施設は多いです。

また月に10万円以上の利用料を払うのは楽ではありません。
最近は費用が安い所も出てきたので、ネットを活用して探してみる価値はあります。

高額な初期費用が低く抑えられている施設もあります。