介護付有料老人ホームの入所基準と費用

バナー

介護付有料老人ホームの入所基準と費用

介護付有料老人ホームに入所するためには入所基準を満たしていることが必要になります。

基準は施設によって異なるため、入所を検討する際には注意するようにしましょう。

介護付有料老人ホームには介護が必要な人だけを受け入れる介護専用型と、自立している高齢者の受け入れも行う混合型があります。

魅力の高いOKWave情報なら、こちらをご参考にしてください。

混合型の場合には入所条件は厳しくありませんが、介護専用型の場合には介護保険で要介護認定を受けていることが条件となります。

年齢が65歳以上であり、介護レベルが要介護1から5であること、感染症にかかっていないこと、身元引受人がいることなどを入所条件としているところが多いです。


認知症がある場合や寝たきりで重度な介護が必要なケースでも受け入れてくれる場合も多いので、入所は難しいだろうとあきらめずに施設に確認してみることをおすすめします。


介護付有料老人ホームは民間が運営する施設のため、費用は施設によって大きく異なるのが特徴です。



人員配置や設備などが充実している施設ほど費用は高くなります。
費用には入所時に必要になる初期費用と毎月必要になる月額利用料があります。
初期費用は施設によって大きく異なり、0円ですむところから数千万円必要になるところもあります。

近年は低所得者向けの施設が増えてきており、初期費用が少なくてすむ施設が増えている傾向にあります。



月額費用は10万円から30万円くらいが相場となっています。
自分が負担できる施設を選ぶことが重要です。